HOME>オススメ情報>ガスコンロ・ガステーブルの選び方のポイント

ガスコンロ・ガステーブルの種類について

ガスコンロ・ガステーブルはビルトインタイプと据え置きタイプの2種類があります。キッチンの作りに合わせて選ぶのが無難です。

ガスコンロ選びのポイント

ガスの種類を確認しておく

ガスの種類によって使用できるガスコンロが違うので、ガスの種類を確認しましょう。

コンロの数によって選ぶ

1口から3口まであるので、家族構成や料理の頻度によって決めましょう。

設置スペースに合わせて選ぶ

横幅50センチと60センチが一般的なので、設置スペースに合わせて選びます。

安全性の高さによって選ぶ

国によって定められている安全機能だけでなく、プラスアルファの安全機能があると安心です。

グリルの性能によって選ぶ

片面焼き、両面焼き、水あり、水なしなど種類があるので性能によって選びます。

お得にサービスを利用

調理器具

ガス給湯器を設置しているからこそ、キッチンにはガスコンロを設置するでしょう。できるならば、ガス給湯器もガスコンロも、安心・安全に使うためにメーカーを統一することをお勧めします。製品の交換部品やお手入れグッズなどはインターネットからも購入できます。ちなみに、こうした購入にポイントを給付するメーカーも少なくありません。お得に部品を調達したり、保証期間内に無料の修理に出したりすることも可能ですし、点検整備に伺ってくれるサービスを利用できます。

標準サイズを確認

キッチン

ガスコンロを新調したいのなら、カタログを取り寄せたり、家電量販店などに足を運ぶでしょう。ルール・マナーは、設置する場所のサイズを測定しておくことです。温度キープ機能や煮込み・煮物機能、グリルの水なし片面焼きグリル機能など、機能性に目が向きがちです。しかし、その結果、設置したい場所に収まらないこともあり得るようです。幅・奥行き・高さは微妙に異なります。標準サイズは59cmといわれていますから、まずはガス栓のある位置のサイズを測りましょう。

長く使おう

女性

ガスコンロにはお手入れグッズも取り揃えられています。決して安くはないキッチンツールですから、少しでも長く使うためにお手入れにもチカラを入れましょう。油汚れもスッキリ落とせるクリーナーから、スポンジ、ゴム手袋のセットなども用意されています。もちろん、ガスコンロメーカー専用ですから、素材に優しく頑固な汚れを落とすことができます。

広告募集中